LGBTQ洋書読書会とか

新設Cチーム企画主催者が、元々は「リバティおおさかを応援する!」というブログでやってましたが、引っ越ししまして、最近ではLGBTQの洋書読書会やその他の情報をごった煮状態で掲載していますv

トランスジェンダーとノンバイナリーの旅行者のための10のアドバイス(スカイスキャナー)

旅行検索サイトでポピュラーなスカイスキャナーが出している記事を自動翻訳で紹介します。

 

 

トランスジェンダーとノンバイナリーの旅行者のための10のアドバイス

スカイスキャナーでは、性別に関係なく旅に出ることを推奨しています。旅行はすべての人のためのものです。しかし、トランスジェンダーや性別にとらわれないコミュニティーの一員として旅行を計画する場合、旅行中の安全と幸福を確保するために、いくつかの重要な考慮事項があることも認識しています。

米国出身の白人で痩せたクィアフェムである私の旅行体験と期待は、性別が多様な友人たちとは異なります。できるだけ包括的で交差的であろうと、私はトランスジェンダーとノンバイナリーの旅行専門家のパネルを作成し、トランスジェンダーとノンバイナリーを考慮した旅行計画のヒントと推奨事項を提供するようにしました。
 
1. 目的地をリサーチする
あなたは、ビーチで傘をさしたドリンクを片手にのんびりすることをお考えですか?それとも、遠く離れた文化を探検するジェットセッターに興味があるのでしょうか?どんな旅行でも、計画の第一歩は、行きたい場所を決め、そこに着いたらどんな感じなのかをリサーチすることだ。
ジョヴォンニ・サンティアゴは黒人のトランスジェンダーで、「私は、訪問先と一緒に旅行する人について深く掘り下げるようにしているんだ。普段はトランスであることを一番気にしていないけど、時には黒人であることを気にしている。
旅行先を選ぶ際には、トランスジェンダーに対する政策や社会的受容が、世界の地域によって必ずしも同じでないことを念頭に置いてください。IGLTAやLGBTQ+を肯定するトラベルアドバイザー、現地大使館などのツールを利用すれば、あなたが訪れたいと思っている国の現地のトランスジェンダーの体験談を知ることができるかもしれません。
 
2. 現地のトランスジェンダーとつながる
目的地のリサーチは必須ですが、自分と同じような経歴を持つ現地の人々とオンラインで連絡を取ることは、世界の他の地域での生活を理解する上で最も有用な方法の一つです
アトランタ出身のトランスジェンダーであるジェイミー・アン・ハレルは、南アフリカへの渡航経験について次のように話してくれた。「私はMBAを取得していたので、南アフリカでのトランスライフがどのようなものかを知りたいと思いました。私は、(実施されている)政策と世間の認識の両方を調べていました。『南アフリカでLGBTQ+の権利は認められているのか』とググってみたんです。しかし、書類上の権利とケープタウンの現場での生活はまったく異なる。私は、トランスジェンダーの現地の人と連絡を取ることができました。彼らは比較的安全だと感じていて、必要な医療処置も受けられ、地元のトランス支援団体に参加し、トランスジェンダーの小さな社会的輪を生活の中に持っていました。実際にバーチャルで誰かに会い、渡航前にその安心感を得ることができたのはよかったです。"
 
3. 選んだ旅行会社を調べる
ジェイミーの経験では、"ホテルや旅行先がLGBTQ+フレンドリーだからといって、トランスやノンバイナリーに優しいとは限らないし、個々の従業員が歓迎したり肯定したりしているとは絶対に限らない "といいます。
では、予約しようとしている事業者が、トランスジェンダーやノンバイナリーの旅行者である自分に合うかどうかは、どうすればわかるのでしょうか?トランスジェンダーに特化したインクルージョン研修会社、トランスフォーメーション・ジャーニー・ワールドワイドのオーナー、ガブリエル・クレイボーン氏は、旅行ブランドの予約プロセスを探ることを勧めています。"ホテル、航空会社、あるいはレンタカーを予約する際に、このプロセスに自分が反映されているかどうか、自問してみてください。代名詞や肩書き、性別の選択肢はあるのか?トランスジェンダーの人たちの画像はありますか?これらのオプションを見ることは、そのブランドが男女平等に向けて取り組んでいることを示すことができます。"
ウェブサイトをチェックして、トランスジェンダーを肯定する多様性と包摂のトレーニングに留意しているかどうかを確認する。ジェイミーは、「私は、旅行中毎日顔を合わせるホテルのスタッフやツアーオペレーターのトランスフォビアの方が、車で通りかかったときに何か言っている道行く人よりもずっと影響が大きいです。私は、私が滞在している場所のスタッフが過度に敏感で、過度に訓練されていることを望みます。"
 
4. バックアッププランを持つ
メロディ・マクルーアは、「トランスジェンダーの人々にとって、新しいことが常に良いとは限らない」ということを私に気づかせてくれました。新しいことが悪いことであったり、怖いことであったり、未知のことであったり、危険であったりすることもあります。私は、新しい体験ができないことを残念に思います。車で旅をするだけでも大変なのに、新しさや新しい体験にアクセスできるのです。旅行では、ゲートの変更、フライトの遅れなど、常に状況が変化します。臨機応変に対応しなければなりませんが、そのような事態に備えて事前に計画を立てておくと、よりスムーズに事が運びます。"
ジェンダー・ノンコンフォーミングのリンズ・ケイルは、事前の計画に同意し、ジェンダースペースに入る前に帽子を持ち、それをかぶるだけで、平和な体験か汚い目で見られるかの違いになることがあると言いました。また、リンズは、バックアッププランを持ち、詳細を理解することの重要性を強調しました。"チェックインカウンターで何を期待されているかを知り、性別に関係ないトイレの場所などの代替策を理解することで、旅行計画がとても楽になります。"
ジェイミーはさらに、「旅行の計画を立てる前に、私は安全のために必要なステップについて考え始めます。どのような方法でバレてしまうのか、それによって安全でない環境になってしまうのか......。
事前にそのような状況を想定しておくことで、新しい旅行先で自分の足で考えることができます。メロディは、「どんな状況でも、害を減らすことが最優先されなければならない」と念を押しました。その場で最も安全なことをする。しかし、安全だからと男子トイレを使うような行動を選択する精神的な体操は、精神衛生上、厳しい影響が残ることもある "と。
 
5. グループでの旅行を検討する
インタビューしたトランスジェンダーの何人かは、グループで旅行することを勧めていました。グループと一緒にいれば、不慣れな土地で安心感を得ることができます。知り合いで信頼できるグループと一緒に旅行しているのなら、厳しいかもしれない状況でも、その人たちが緩衝材になってくれるようにしましょう。
例えば、トイレに行きたくなったら、同性の友人に付き添ってもらうなどです。また、団体旅行で大人数のグループに紛れ込むというのもいい方法です。人数が多ければ多いほど安全ですし、ツアーガイドが緩衝材になってくれることもよくあります。
 
6. 空港のセキュリティにどう対処するか
このセクションは、それだけで1つの完結した記事になる可能性があります。空港のセキュリティ担当者は、不安な人や不審な人を見分ける訓練を受けていることに留意してください。しかし、ほとんどのトランスジェンダーの人たちは、空港のような不快な状況で不安になり、奇妙な行動をとります。空港は、自らをどう認識しているかにかかわらず、多くの人にとってストレスの多い場所です。そのような環境では、誰もが少し緊張していることを自分に言い聞かせてください。
空港のセキュリティに対応する場合、自分の権利を知り、それについて声を上げること。追加検査が必要な場合は、個人的な検査や身体検査に同伴してくれる人を頼みましょう。Giovanniはこう勧めています。「空港当局に)声を大にして状況を伝え、何も驚かせないようにすること」。
 
7. スペースを確保する
この作品のためにインタビューしたすべての人が、自分の生活体験の中で、自信を持ち、自分の居場所を確保することについて言及しています。
人生とは、移行して死ぬことだけではないのです。ほとんどの人が気にしていないことを、移行する前に知っていればよかったと思います。もちろん、多少の視線やコメントはあるかもしれないけれど、ほとんどの人は、あなたが旅行中や休暇を楽しんでいるときに、どこに行って何をしているかなんて気にも留めないわ」。
ジョヴォンニも同意見です。"トランスであることは悲観的なことばかりではなく、時にはトランスであることが信じられないほど素晴らしいこともあります。自信を持つことが、私ができる最大のアドバイスです。人は、あなたが居心地が悪いと感じるものです。自分が何をしているのか分かっているようにその場を歩けば、人々はあなたを疑う可能性は低くなります"。
ガブリエルは、「私は180cmの肩幅の広い女性です。たとえ私がシスジェンダーの女性であっても、視線を浴びるでしょう。私はここに属しているんだ "という態度で現れなければなりません」。
トランスジェンダーとして、メロディーは私にこう言った。"あなたは、カムアウトに向けた最初の跳躍の激しさを覚えていて、それがどれほど感情的に消耗し、恐ろしいものであるか - その気持ちはあなたの中に残る。何か新しいことがあると、常に肩越しに警戒することに慣れてしまうのです。でも、初めてのことや慣れないことに戸惑うのは、誰にでもあることで、それが人間の本質なのです。私は時々自分を奮い立たせ、自分はどこにいてもいいんだということを思い出させなければなりません」。
 
8. 荷造り - 文字通り、そして比喩的に
空港の話をするついでに、荷造りの話もしましょう。ジョバンニ「空港は、多くの人にとって大きな引き金になります。空港では、多くの人にとって大きな引き金となります。時には、パッカーなしで旅行することもあります。シスであると認識されることは、旅行中の体験に劇的な影響を与えます。空港でも男性として通過することが多いので、スキャナーでパッカーが検知されても驚かないように、状況を説明して「義肢を装着しています」と直接言わなければなりません。でも、自分を守るための選択をすること、例えば、その日に縛らない、パッカーをつけないという選択をすることで、自分の安全が保たれるのであれば、それは有効であるということを忘れないでください。
より伝統的な荷造りのコツとして、すべての薬にラベルを貼る、機内持ち込み荷物の中にいつもと違うもの-例えば拡張器など、検査対象に選ばれると特定できない可能性のあるもの-を確認する、といった意見も少数ながら聞かれました。
 
9. あなたのIDはあなたのプレゼンテーションと一致していますか?
あなたのアイデンティティとプレゼンテーションに一致する法的文書を持っていることは、非常に有用です。Gabrielleは、パスポートや正しい性別のマーカーが付いた書類の取得を支援する機関に連絡を取ることを提案しました。Gendered Intelligenceのような慈善団体は、これに関して特別なアドバイスを提供してくれます。
しかし、航空券や予約、ビザなどの旅行書類は、身分証明書に記載されているような、あなたの正式な名前でなければならないことに注意してください。どうしても身分証明書なしで旅行しなければならない場合は、トランスジェンダーであることを説明した医師の診断書を携帯するとよいでしょう。
ガブリエルは、最近の進歩に拍手を送りつつも、ノンバイナリの旅行者は、身分証明書に記載されていることが旅行体験に与える影響をよく考えるよう注意を促しています。残念ながら、入国審査での扱いは世界各国によって異なります。
 
10. あなたの旅、あなたのルール、あなたの快適ゾーン
これはあなたの旅行であり、楽しくなければならないことを心に留めておいてください。トランスジェンダーやノンバイナリーの旅行者は、世界を探検している間、安全であると感じ、肯定される権利があります。海外旅行を予約する準備がまだできていない場合は、国内旅行も同じように充実したものになります。空港や言葉の壁、文化の違いに不安を感じるのであれば、身近なところから冒険をしてみてはいかがでしょうか。
近郊の都市への短距離フライトを予約したり、住んでいる場所から車で数時間以内の場所にドライブに出かけたりして、他の文化や場所に足を踏み入れる前に、少しでも身近な方法で旅行を体験してみるのはどうでしょう。
 

 

トランスジェンダーのお客様へ(カナダ航空保安庁)

カナダ航空保安庁Canadian Air Transport Security AgencyCATSA)が公式サイトに掲載している案内を自動翻訳で紹介します。

 

www.catsa-acsta.gc.ca

 

トランスジェンダーのお客様へ】

CATSAは、トランスジェンダー・コミュニティーに属する方(移行過程にある方を含む)の中には、身体検査(パットダウン)が必要な場合、セキュリティ・スクリーニングのプロセスについて疑問を持たれる方がいることを認識しています。

身体検査は常に、可能な限り専門的かつ尊重された方法で行われます。通常、乗客と同じ性別の検査官が必要な検査を行いますが、CATSAは、トランスジェンダーのコミュニティーの中には、このプロセスを快く思わない人がいることを認識しています。この懸念に対処するため、トランスジェンダーおよび性転換者のお客様(性転換中の方を含む)は、以下のことをリクエストできます。

 

●男性または女性の検査官が全捜索を行う(希望する性別の審査官がいない場合を除く)、または
●分割検査(例:女性検査官が身体の半分または一部を検査し、男性検査官が残りの半分または一部を検査すること)。

 

これらのオプションを希望される場合、お客様は自分がトランスジェンダーであること、またはトランスジェンダーになる途中であることを明らかにする必要はありません。また、個室での身体検査を希望することもできます。このオプションを選択された方は、お好きな証人をお連れいただくことができます。 審査官の立会人(別の審査官、または航空会社の担当者など独立した第三者の立会人)も同席します。この証人は、男性または女性のいずれかを要求できます。

トランスジェンダー/ノンバイナリー/性別不適合者のお客様へ(アメリカ運輸保安庁)

アメリ運輸保安庁Transportation Security Administration:TSA)が公式サイトに掲載している案内を自動翻訳で紹介します。

 

www.tsa.gov

 

トランスジェンダー/ノンバイナリー/性別不適合者のお客様へ

TSAは、トランスジェンダー/ノンバイナリー/ジェンダーノンコンフォーミングの旅行者が、国の保安検査場におけるスクリーニング技術や特定の保安検査手続きに懸念を抱いていることを認識しています。TSAは、すべての旅行者が敬意と尊厳を持って扱われるように努めています。審査は、人種、肌の色、性別、性同一性、国籍、宗教、障害の有無に関係なく行われます。

空港での事前
TSA Precheck®の機能強化
TSAプリチェックプログラムのアプリケーションを更新し、性別に関係ないアメリカ人への対応を強化するため、性別表示オプションを追加しました。 これにより、TSAプリチェック・システムに旅行者の性別が正確に反映されるようになります。今回の更新により、TSAは、出生時に割り当てられた性別にかかわらず、TSA事前チェック申請者が自己申告に基づく性別を選択できるようになりました。TSA PreCheck Application Programの会員の方は、平日の午前8時~午後10時(日本時間)に電話(855-347-8371)で性別データの更新をリクエストできます。 また、オンラインで問い合わせを行うこともできます。

この新しい性別表示オプションは、セキュリティスクリーニングのプロセスに影響を与えることはありません。セキュリティ・スクリーニングは、人種、肌の色、性別、性同一性、国籍、宗教、障害に基づく旅行者への差別なく実施されます。

TSA事前検査に登録する際、他の身分証明書に記載されている性別を変更する必要はありません。現在の性別がTSA事前検査登録時の性別と異なっていても、予約時の氏名、KTN(Known Traveler Number)、生年月日がTSAの記録と一致していれば、TSA事前検査セキュリティチェックを受けることができます。よくあるご質問は、TSA PreCheck Frequently Asked Questionsでご覧いただけます。

航空券の予約について
ご予約の際は、政府発行の身分証明書に記載されている氏名、生年月日と同じものをお使いください。また、政府発行の身分証明書に記載されている性別を記入することをお勧めします。政府発行の身分証明書に記載されている性別が航空会社の予約システムで提供されていない場合、TSAは旅行者に航空会社のカスタマー・サービスに連絡するよう勧めています。TSAは引き続き、国内航空会社のパートナーと緊密に連携し、「X」ジェンダーマーカーの使用と受け入れを促進する。" 現在、国内大手航空会社2社がすでに旅行予約システムで「X」または性別非公開のオプションを提供しており、2022年秋には3社目の航空会社が同じものを提供する予定です。 身分証明書に関するその他の情報はこちらをご覧ください

TSAへの事前連絡
フライトの前に、TSAケアーズ・ヘルプライン(855-787-2227)にご連絡いただければ、スクリーニングの方針と手順、セキュリティチェックポイントでの注意事項などについてご質問いただけます。また、旅客サポートスペシャリストに保安検査場でのサポートを依頼することもできます。

 
空港で
渡航書類審査官
チェックポイントで、政府発行の身分証明書と搭乗券をTSA職員に提示し、身分証明書と搭乗券が本物であること、それぞれの書類に記載されている名前が全く同じであることを確認されます。身分証明書に記載されている氏名と搭乗券に記載されている氏名が完全に一致しない場合は、航空会社のチケットカウンターで新しい搭乗券を発行してもらう必要があります。
TSAは、空港のセキュリティチェックポイントで旅行者の身分証明書を確認する際に、性別の考慮が不要になるよう、チェックポイントの手順を更新しました。旅行者が身分証明書を確認するために渡航書類審査台に現れた場合、性別の情報は考慮されません。詳細については、セキュリティ・スクリーニングの身分証明書をご覧ください。

TSA職員に知らせる
すべての手荷物(受託手荷物、機内持ち込み手荷物の両方)は、スクリーニング・プロセスを通過する必要があります。機内持ち込み手荷物の場合、医療上必要な液体や薬、医療機器、義肢などがある場合はTSA職員に伝え、他の持ち物と分けてから検査を始めてください。アラームの解消のために係員がバッグを開けなければならない場合、バッグを開けて個室で検査するようお願いすることができます。

身体検査手順
空港での搭乗者検査は、お客様を安全に目的地までお送りするためのTSAの重層的なセキュリティ・アプローチの一部です。航空保安のために行われているさまざまな検査についてお読みください。
搭乗者検査は、先進画像処理技術(AIT)、ウォークスルー金属探知機(WTMD)、またはパットダウン(PAT-DOWN)により実施されます。

AITスクリーニング・プロセス
現在、TSAのAITユニットは、性別に特化したアルゴリズムと、すべての乗客に共通する人体の一般的な外形に依存するソフトウェアを使用しています。画像処理ポータルに入ると、TSA職員があなたの体型を判断し、男性か女性かの性別を指定するボタンを押します。その後、機器によるスキャンが行われ、必要に応じてさらなるスクリーニングが必要な部位が示されます。
アラームがある場合は、TSA職員がアラームのある場所をスクリーンに表示することもあります。禁止されている物品があるかどうかを判断するために、パットダウンを含む追加のスクリーニングが行われることがあります。
 
AIT技術の強化および審査手順の更新
TSAは、既存のAITセキュリティ効果機能を強化すると同時に、ジェンダーニュートラルなアルゴリズムを導入する機会を特定しました。 システムメーカーと協力し、TSAはこの新しいアルゴリズムのテストを行っているところです。この変更は、これまで敏感なエリアでの警報のために追加スクリーニングを受ける必要があったトランスジェンダー、ノンバイナリー、その他の性別不適合者を含むすべての旅行者に利益をもたらすでしょう。 テストが成功裏に終了した後、TSAは今年後半にこの技術強化の空港への配備を開始する予定です。
2022年5月より、TSAはトランスジェンダーノンバイナリー、ジェンダーノンコンフォーミングの旅行者により良いサービスを提供するため、スクリーニング手順の更新も行っています。この変更は、セキュリティに影響を与えることなく、TSOと旅行者のためにパットダウンの回数を減らすもので、性別に関係ないAITスクリーニング技術が導入されるまで実施されます。
AITスクリーニング・プロセスのどの時点でも、スーパーバイザーを求めることができます。

パットダウン
テクノロジー(AIT、WTMDなど)によるスクリーニングアラームがある場合、またはテクノロジーによるスクリーニングを選択した場合、パットダウン手順が実行され、通常、TSA職員によるあなたの身だしなみに関する評価と同性の職員によって実施されます。または、自分の性自認を係員に伝え、その性別の係員がパットダウンを行うよう要求することもできます
検査はチェックポイントエリアで行うこともできますし、お好きな同伴者と一緒に、内輪で身体検査を受けることを希望することもできます。手荷物を私的検査エリアに持ち込むことができ、必要に応じて座るための椅子を要求することができます。身体の敏感な部分を見せるために、衣服を脱いだり持ち上げたりすることはありません。TSA職員がパットダウンの手順を行う際に、身体にフィットしない衣服を調節するよう求められることがあります。パットダウンの詳細については、セキュリティ・スクリーニングをご覧ください。また、義体に関するその他のガイダンスもご覧ください。

お問い合わせ
セキュリティチェックポイントで不適切なスクリーニングを受けた場合は、チェックポイントのスーパーバイザーにご相談ください。また、TSA Contact Center(TSAコンタクト・センター)に苦情を提出することもできます。

差別を受けた場合は、電子メールまたは市民権に関する苦情として提出することができます。
 

トランスジェンダー平等のためのナショナルセンター(NCTE)@アメリカ

トランスジェンダー平等のためのナショナルセンターThe National Center for Transgender Equality:NCTE)は、トランスジェンダーの人々への理解と受容を深めるために、政策や社会の変革を提唱しています。首都および全米で、NCTEは軽蔑、差別、暴力を共感、機会、正義に置き換えるために活動しています。

ここでは「公共施設」についてまとめられたページを自動翻訳したものを掲載しています。

 

transequality.org

 

【公共施設】

公共施設における差別は、ほとんどの州法と地方法によってカバーされています。この資料は、トランスおよび性別不適合者が公共施設において有する権利の一般的な概要を提供するものです。NCTEは法的サービスを提供していないため、差別に直面した人は法的助けを求めることをお勧めします。

公共の宿舎とは?
公共施設とは、一般大衆に商品やサービスを提供する施設のことで、例えば、レストラン、劇場、ホテル、病院、図書館、ガソリンスタンド、売店などが含まれます。州および連邦の公民権法は、対象となる企業が何らかの理由で顧客を差別することを禁じていますが、法律で対象となる企業の範囲は様々です。

どのような法律は、公共の場で私を保護する?
公共の宿泊施設を対象とする連邦無差別法は、人種、肌の色、宗教、国籍、および障害のみを対象としています。連邦法は、公共施設における性別、性自認性的指向に基づく差別を禁止していません。
大多数の州(44州とコロンビア特別区)は、公共の宿舎における性別に基づく差別を禁止している。多くの州の裁判所や執行機関は、これらの法律をトランスジェンダーを保護するために解釈しています。
また、多くの州や自治体が、公共施設における性自認性的指向に基づく差別を明示的に禁止している。以下の17の州では、明示的な保護がなされている。カリフォルニア、コネチカットコロラドデラウェア、ハワイ、イリノイアイオワ、メリーランド、メイン、ミネソタネバダニュージャージーニューメキシコオレゴンロードアイランド、バーモント、ワシントン州およびコロンビア特別区の17州は、明示的な保護を規定している。また、州がそうでなくても、200以上の市や郡が性同一性差別を明示的に禁止している。
公共の宿舎であるビジネスも、他の市民権法によってカバーされる場合がある。例えば、レストランの顧客は公共の宿泊施設に関する法律で保護されていますが、レストランの従業員は、雇用に関する法律で保護されています。病院は、特に医療をカバーする法律だけでなく、公共の宿泊施設をカバーする法律によってカバーされている場合があります。
 
公共施設における私の権利とは?
ほとんどの州および多くの都市では、性別または性同一性に基づく公共施設での差別を禁止しています。あなたの州や地域がそのような法律を持っている場合、あなたは以下の権利を持っています。
あなたがトランスジェンダーまたは性別不適合であるため、エントリ、参加、またはサービスを拒否されないようにする権利があります。あなたには、事業者のサービスや商品を平等に享受する権利があります。
あなたには、自分の性自認に合った服装や身だしなみをする権利があります。誰かがあなたの性別の表現に反対しているという理由で、あなたを追い払うことはできません。
あなたは、ハラスメントから解放される権利を持っています。企業の経営陣は、スタッフや顧客による深刻な嫌がらせを知っているとそれを改善するために失敗した場合、これは差別である可能性があります。
どのような企業がこれらの法律の対象であることは、州によって異なります。あなたの州の公共施設法が性または性同一性をカバーしていない、または特定の種類の事業を除外している場合でも、それらの事業は、ヘルスケア、住宅、教育、クレジット、または雇用における性または性同一性の差別に関する連邦または州の法律でカバーされている場合があります。(詳細については、NCTEの他の「Know Your Rights」リソースを参照してください。)

公衆トイレについてはどうですか?
人々は時々、"public accommodations "が公衆トイレのことを指していると考える。実は、"public accommodations "は、一般大衆にサービスを提供するビジネスのカテゴリーです。ビジネスが公共施設法によってカバーされている場合は、一般に公開されているすべての施設へのアクセスは、同様にその法律によってカバーされています。(同様に、ビジネスが雇用法によってカバーされている場合は、トイレへの従業員のアクセスは、その法律でカバーされています)
人の性自認と一致する公衆トイレへのアクセスを拒否することは、性および/または性自認に基づく差別である可能性がある。多くの州法や地方法、あるいはそれらの法律の公式な解釈は、この権利を明確に保護している。しかし、いくつかの州では、法律はこの権利を保護しないように解釈されている。現在、ほとんどの州ではこの問題に関する公式指針はありませんが、トイレへの平等なアクセスを拒否された場合、州または地域の人権機関に差別の苦情を提出することができます。
 
公共施設での差別に直面した場合、どうすればよいですか?
最初のステップは、あなたの状態または地域が差別に従事した施設の種類で性別または性同一性差別をカバーしているかどうかを判断することです。この情報は、州または地域の人権機関のウェブサイト上で利用できるかもしれません、またはあなたがオンラインで法律を調べる必要があるかもしれません。(州法の引用については、以下の表を参照してください)。
苦情の手続きはさまざまです。州や市によっては、標準的な苦情申し立て書式があるところもあれば、ないところもあります。管轄区域が性同一性に基づく差別を明確に禁止していることを知っている場合を除き、あなたの苦情が性差別を申し立てていることを明記する必要があります。ほとんどの機関は、苦情を提出するための期限を持っています - これらは、司法管轄区によって異なりますが、60日と同じくらい短いかもしれません。
あなたが確かな事実を提示することができれば、あなたの苦情は、より効果的になります。日付、時間、場所、目撃者、そして差別的または失礼だったすべてのイベントに関わる人々を書き留めておいてください。また、差別的なエンティティがあなたを与えることを任意のドキュメントを保持します。あなたが組織的な方法であなたの状況を提示する場合は、それが値する注目を集めるあなたの苦情の可能性を増加させる。
代理店はあなたの苦情を受け取ったら、彼らはあなたの状況を議論するためにあなたに連絡することがあります。場合によっては、代理店は、自主的な調停に参加するためにあなたと苦情の対象であるビジネスを求めることができる。苦情が自主的に解決できない場合は、代理店は通常、それを調査し、差別が発生したかどうか、もしそうなら、どのような是正措置をビジネスが取らなければならないとして認定を行います。いくつかの法域では、あなたが訴訟を提出する権利を持っているかもしれません - 直ちに、または代理店による調査の後 - しかし、利用可能な救済策は、例えば、将来的に差別からビジネスを防止する裁判所の命令に、制限されている場合があります。
住宅、ヘルスケア、クレジットやローン、教育、雇用、空旅行における差別については、連邦法に基づき性差別の訴えを起こすことができます。詳しくは、NCTEの他のKnow Your Rightsリソースを参照してください。
 
他の誰が私を助けることができますか?
管轄区域はそれぞれ異なるため、このガイドは一般的な概要に過ぎません。州や地域の法律に関する具体的な情報は、州や地域の人権機関、または地域のコミュニティ団体から入手することができます。弁護士を通さずに苦情を申し立てたり、解決したりすることもできますが、地元のコミュニティ・グループや弁護士、あるいはその両方に助けを求めることをためらわないでください。
NCTEは法的サービスや紹介は行っていませんが、他にも多くの団体があり、弁護士を紹介してくれたり、弁護士のリストを保持しています。地元の法律扶助や法律サービス組織、あるいはLambda Legal、National Center for Lesbian Rights、ACLU、Transgender Law Centerなど国や地域の組織、あるいはNCTEのウェブサイトに掲載されている他の組織を利用してみてください。

その他にできることは?
あなたの話を聞かせてください。もしあなたが差別に直面したことがあるのなら、その体験談をNCTEと共有することを検討してください。差別問題が解決されたかどうかに関わらず、特にここに書いたことが役に立ったか、改善が必要であったかを問わず、あなたの声を聞きたいと思います。

その他のリソース
州および地方の人権機関へのリンク: http://civilrights.findlaw.com/enforcing-your-civil-rights/state-civil-rights-offices.html

州の市民権法へのリンク: http://statelaws.findlaw.com/civil-rights-laws/

法律サービス機関へのリンク: http://www.lsc.gov/find-legal-aid 
 

旅行とあなたの性的指向、性自認、性別表現、および性特性(カナダ政府)

カナダ政府の公式サイトには、LGBTQ+の人たちに向けて、海外旅行の際の注意事項を発信しています。DeepLで翻訳したものを掲載します。

travel.gc.ca

 

【旅行とあなたの性的指向性自認、性別表現、および性特性】

性的指向性自認、性表現、および性特性(SOGIESC)に関連する外国の法律や習慣は、カナダ国内のものとは大きく異なる場合があります。その結果、カナダ国外に旅行する際に、特定の障害やリスクに直面する可能性があります。渡航をスムーズに進めるために、事前に調査や準備をしましょう。
もくじ
出発前に
パスポート
外出先で
身の回りの安全
人間関係
サービス
子供と一緒に旅行する
養子縁組と代理出産
サポートが必要な場合
 
■出発前に
渡航先の国の「Travel Advice and Advisories」ページをご覧ください。「法律と文化」タブには、現地でLGBTQ2カナダ人に影響を与える可能性のある法律や社会的慣習に関する情報が掲載されている場合があります。以下のような法律がないか確認してください。
●同性間の活動や関係を犯罪化する
性的指向性自認、性表現、性的特徴に基づいて人々を犯罪者扱いする
国によっては、「浮浪者」、「公害」、「風紀」に関連する法律を使用して、LGBTQ2 の人々を犯罪者扱いしている場合があります。
渡航先での性的指向性自認、性表現、性特徴に関連する法律、安全に関する推奨事項、社会的慣習を調査してください。役に立つ資料としては、以下のようなものがあります。
●国際レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランス、インターセックス協会のState Sponsored Homophobia ReportTrans Legal Mapping Report世界の性的指向に関する法律の地図
●ヒューマン・ライツ・ウォッチの反LGBTQ2法に関する地図と調査
渡航先でのLGBTQ2に関する情報源

 
■パスポート
パスポートの性別欄に「X」と記載されている場合、または「所持人の性別はXと読み、特定できないことを示す」と記載されている場合、あなたの性別を認めない一部の国への入国制限に直面する可能性があります。
●入国制限に直面する可能性があるかどうかについては、各目的地および通過国の旅行アドバイスおよびアドバイザリーを確認してください。
●カナダのパスポートに「X」の性別表示があっても、旅行中に性別の二元表示(男性か女性か)を求められることがあります。
●名前を合法的に変更した場合は、新しいパスポートを申請する必要があります。性別識別情報の更新を含むパスポートの更新に関する詳細は、カナダのパスポートをご覧ください。
●カナダ政府は「X」という性別識別子を認めていますが、他国への入国や通過を保証するものではありません。


■旅行中
カナダ国外を旅行している間は、たとえ法律があなたの人権を侵害するものであったとしても、旅行先の国の法律に従わなければなりません。
すべての国に、カナダと同じ価値観や法制度があるわけではありません。そのため、渡航先での性的指向性自認、性表現、性特性に関する法的枠組みや社会的慣習について知っておくことが重要です。

▼個人の安全
旅行中は、個人的な安全、そしてオンラインの安全について常に意識しておく必要があります。あなたの性的指向性自認、性表現、性癖に関する情報を開示する可能性のあるオンライン上の存在や、一般向けのコンテンツに留意してください。旅行先によっては、この情報があなたの安全に影響を与えたり、法的な影響を及ぼす可能性があります。

●あなたのソーシャルメディアのアカウントは、現地当局に閲覧される可能性があることを想定してください。警察は、あなたの携帯電話を通じて、あなたの位置や訪問したウェブサイトを簡単に追跡することができます。旅行前に、オンラインで共有した情報を慎重に検討してください。
●LGBTQ2が迫害されている国では、警察がLGBTQ2をテーマにしたウェブサイトやアプリ、これらのプラットフォームへの訪問者を監視していることを想定しておく必要があります。警察や悪意ある行為者の中には、ユーザーを陥れるために偽のオンライン・プロフィールを作成する者もいます。
●特にオンラインや出会い系アプリで知り合った新しい「友人」については、犯罪者がLGBTQ2の人々を標的にすることがあるため、注意が必要です。
●キスや手をつなぐなど、公共の場での愛情表現については、LGBTQ2が差別を受けている国ではどのように受け止められるか、注意が必要です。

▼人間関係
LGBTQ2に関する法律や社会的慣習がカナダと異なる国への渡航に問題がないかどうか、慎重に検討してください。多くの国では、シスジェンダー同士の異性関係のみが合法と認められ、社会的に受け入れられています。
同性間の関係が認められず、犯罪とされるケースもあります。カナダであなたの関係が法的に認められていても、海外ではそうでない場合があります。
渡航先の国の法律が施行されていたり、矛盾して適用されていたりする場合があります。例えば、同性間の関係を犯罪とする国は、その法律で性自認や性表現をも犯罪とする場合があります。
性的指向性自認、性表現、性特徴に関する法的な懸念がない場合でも、社会的慣習がLGBTQ2にとって困難である場合、差別や嫌がらせに直面する可能性がある状況もあるのです。
カナダ国外への渡航を計画する際には、その点を考慮してください。

●同じ国内でも、地域によってLGBTQ2関係に関する法律が変わることがあります。
●LGBTQ2の関係を禁止する法律がなくても、社会的に受け入れがたい、あるいは汚名を着せられたと見なされる場合がある。
渡航先には、LGBTQ2当事者とその関係を保護する法律があるかもしれませんが、その法律が守られなかったり、施行されなかったりする場合があります。
渡航先によっては、カップルとしての特定のサービスや権利の利用を拒否される可能性があります。例えば、医療機関は、あなたの交際状態を認めないかもしれません。面会権や近親者権などの法的権利さえも否定される可能性があります。また、ホテルの予約も拒否される可能性があります。
 
▼サービス
性的指向性自認、性表現、性的特徴などを理由にした差別に直面する可能性があります。
●カナダ国外に旅行している間、あなたが確認した性別でのサービスを拒否される可能性があります
渡航先では、トランスジェンダーに特化した医療サービスが限られていたり、存在しない可能性があります。
●また、あなたの性的指向性自認、性表現、性特性を認識しない、あるいは犯罪とする可能性のある外国の司法制度において、障害に直面する可能性もあります。
 
 
■お子様とのご旅行
LGBTQ2として、法律や社会的背景がカナダと異なる目的地へ子供と一緒に旅行すること、または子供を一人で旅行させることに問題がないかどうか、慎重に検討してください。
カナダの子どもは、海外に一人で旅行する場合、片方の親または保護者だけで、友人や親戚と、またはグループで旅行する場合、同意書を携帯してくださいLGBTQ2家庭の子どもが一人で旅行する場合、たとえ同意書を携帯していても、特有の問題に直面することがあります。
外国の国境職員は、子どもを連れて旅行しているLGBTQ2家族に質問をすることがあり、子どもが親と一緒に旅行していることを確認するための書類の提出を求めることがあります。出生証明書や養子縁組届など、親権者が記載されている書類の認証済みコピー(該当する場合)を携帯してください。


■養子縁組と代理出産
海外で代理出産契約や養子縁組を行い親になることを検討している場合、LGBTQ2カップルは児童福祉を担当する国の当局から差別を受ける可能性があることを認識しておいてください。
国によっては、法律や文化、信条に反するという理由で、LGBTQ2が養子を迎えることを妨げている場合があります。養子縁組を担当する国の当局から差別を受ける可能性があります。
●LGBTQ2が養子を迎えることを認める法律がある国を注意深く調べてください。
●養子縁組の手続きがカナダと相手国の両方の法律と手続きに準拠するよう、州または準州の養子縁組中央当局と緊密に連携してください。

 
■サポートが必要な場合
カナダ国外にいる間は、最寄りのカナダ在外公館または緊急監視・対応センターに連絡して、領事による支援を受けることができます。
●領事館職員に、あなたが直面したハラスメントや不適切な扱いを伝えてください。領事はあなたを助けてくれるかもしれません。
●また、逮捕・拘留された場合、病気や怪我をした場合、国際的な身柄拘束の問題に直面している場合にも、領事当局が手助けをしてくれます。領事業務の詳細については、カナダ領事業務憲章をご覧ください。
●提供された情報は、個人情報保護法の規定に従い、機密情報として扱われます。詳しくは、個人情報の使用と開示に関する領事方針をご覧ください。

 

LGBTQフレンドリー医療機関リスト作成プロジェクト:医療機関でのLGBTQとしての体験をお聞かせ下さい。

LGBTQの医療での困りごと

LGBTQであることで、病院に行きづらいと感じていませんか?

見た目と保険証の性別が違って怪しまれる、

他の患者の前で登録名で呼ばれて性別がバレる、

いろんなもの、部屋や服などが男女別で困る、

カミングアウトさせられる状況になる、

アウティングされる恐れ、

同性パートナーを家族として扱ってくれない、

医療従事者からの偏見の眼差しや差別的な扱い、等々。

まだまだ安心して病院にかかれる状況ではないのではないでしょうか。

ということで、誰もが医療機関に安心してアクセスできることを目標に「LGBTQフレンドリー医療機関リスト」作成したいと思います。LGBTQフレンドリーな医療機関にしたいと思っている病院は実際あります。ですが「何をどうしたら良いのかわからない」のが実際のところ。 そこで、皆さんの体験談や、具体的なリクエスを集めてまとめて伝えていきたいと思います。Yes/Noで答えられる統計ではなく、個々の体験を医療者に知ってもらう必要があります。そうしてやっと目の前の患者である私たちをリアルに認識してもらえると思うからです。ぜひ、皆さんの体験や要望をお聞かせください。病気になっても安心してかかれる病院を増やしていきましょう!リストは完成後に当会サイトにて公開予定です。

医療現場を変えるためアンケートに回答する

 

参考:最初の60分でLGBTQの医療について話し合っています。

www.youtube.com

 

新設Cチーム企画(2022/10)

ワークショップ 「こんな時どうする?軽やかな一言を考えて備えよう!」(2021)

去年研修をして資料を作ったのにサイトに公開するのを忘れていました。

マイノリティの問題は、マジョリティが変わらなければ解決しません。

日々の「あれ?」という出来事をスルーせず、軽やかに一言返せる人を増やしていくことがLGBTQも含め、様々な立場の人が生きやすい環境につながります。時と場合、立場、地位、ジェンダー等々によって、できることも影響力も変わってきます。あなたなら、どう言いますか?あなたの立場からの回答を用意することが、重要です。

無神経なことを言う人たちと、LGBTQとの溝を埋める橋渡し役を求めています。LGBTQの人やそうかもしれない人が、その場にいられるために、あなたができることは何でしょうか。

研修、ワークショップでご活用ください。

PDFでもご覧いただけます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021/08/20新設Cチーム企画研修

こんな時どうする?ワークシート

あなたの職場や地域で下記のようなことが起きています。LGBTQのお客様が気持ちよく買い物ができたり、LGBTQの従業員が安心して働けたり、地域で暮らせるようにするには、どうすればいいでしょうか。あなたがその場ですぐできる最善のリアクションを考えて下さい。また、その場で何と言うかだけでなく、組織としてできること、地域構成員としてできること、個人としてできること、気を付けることなども考えて下さい。

 

(1)たまに女性の格好をした男性が買い物にきます。従業員たちはその人が買い物に来ると「(来た!)」というようなリアクションをしてヒソヒソと話したり、レジでは笑いをこらえる様にして接客しています。休憩室では「ニューハーフかな?」「気味が悪いよね!」と盛り上がる従業員に対して、あなたは何と言いますか? 

 

(2)ボーイッシュなアルバイトの女性に対して、社員たちが「もっと女の子らしい恰好したら可愛いのに」「せっかく可愛いのにもったいない」「お化粧でもしたら?彼氏ができないよ」「早いうちに結婚した方が親孝行だよ、うちの息子はどう?笑」などとお節介を焼いています。あなたは何と言いますか? 

 

(3)新年度になり新しい職員が各部署に増えました。噂が流れてきて「新人の中にゲイの子がいるらしいよ」「まじで、誰だろう?」「××くんじゃない、なよなよしてるし」「えー、更衣室でいっしょになったらオレ襲われるかな?」「絶対仕事でペアになりたくねえ」と社員が憶測をめぐらしています。あなたは何と言いますか?

 

(4)長年働いている男性社員ですが、ここ数年でずいぶん髪の毛も伸び、服装も中性的になってきました。たまにお客さんからも女性と間違われるようになってきて、本人もまんざらでもなさそうです。しかし他の社員が「髪が長すぎる」「男らしくない」「オカマみたい」などと言っています。あなたは何と言いますか?

 

(5)職場にカミングアウトしているゲイの同僚がいてあなたは彼には20年連れ添っているパートナーがいることも知っています。パートナーの病気のため有休を使い果たしてしまった彼のため、あなたは会社に介護休暇を認めるよう言うと「同性を認めたら友達もペットも認めることになって切りがない」と返されました。あなたは何と言いますか?

 

(6)子どもの同級生の親とばったり会いました。「担任の〇〇先生、ご結婚だっておめでたいね。」そうなんだと返答すると「そういえば聞いた?隣のクラスの担任の先生ってゲイなんだって。そんなこと小学生にはまだ早くない?子どもに悪影響がありそうで嫌だよね。来年のクラス分けが心配。」あなたは何と言いますか?

 

(7)学校だよりでトランスジェンダーの生徒の場合、自認の性別のトイレや更衣室の利用を認める方針であることが連絡されました。それを読んだあなたの配偶者が「異性と一緒に着替えるなんてうちの子が可哀そう。ひとりを特別扱いしたら他の子が迷惑する。」と言いました。あなたは何と言いますか?

 

(8)隣人たちがゴミ捨て場で井戸端会議をしているところに遭遇しました。「先月引っ越してきたあそこの家族、男二人と子どもたちなんだよ。」「そうそう母親がいないみたい。男同士でやけに親しいし、もしかしてオカマじゃないのかね。」「オカマに子どもを育てられるのかね」「うちの子どもにもあそこの家には関わらないよう言ってる」あなたは何と言いますか?

 

(9)PTAの役員をしている〇〇さんはシングルマザーだということでしたが、最近女性といっしょに子育てをしていることが噂になっています。本人のいないところで他の人が「その女性ってどういう関係なんだろうね?」「もしかしてアッチの人なんじゃない?」「え、子どもが可哀そう。」などと話しています。あなたは何と言いますか?

 

(10)高校の同級生の結婚式に出たのは20年前。その後、風の噂で彼女は随分前に離婚してシングルマザーになっていると聞きました。久々に会うことになり出かけると髭面の中年男性が子どもを連れ現れました。「昔の知り合いにはこんなだからなかなか会えないんだよね。母親が性別を変えるなんて子どもが可哀そうとか言われるし。」あなたは何と言いますか?