読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LGBTQ洋書読書会とか

元々は「リバティおおさかを応援する!」というブログでしたが、引っ越ししまして、最近ではLGBTQの洋書読書会やその他の情報を掲載しています。

GLBT歴史博物館 報告会



-------------------------------------------------
サンフランシスコ GLBT歴史博物館 報告会
〜アメリカのLGBTの歴史から学ぼう〜
-------------------------------------------------

8月24日(土)14:00〜16:30@リバティおおさか研修室2
参加費500円(入館料500円が別途必要です。)予約不要

LGBTフレンドリーな都市として有名なサンフランシスコ。
今年43年目のプライドパレードの規模は100万人!
そんなサンフランシスコのLGBT博物館とはどんなものなのでしょうか?
リバティおおさかの展示にもLGBTコーナーがあります。
アメリカのLGBTの歴史や文化について知り今後の展示の参考にしましょう。
報告者には現地視察をされた藤吉圭二さんをお招きし
ご自身が撮ってきた写真とともに解説していただきます。

■内容
14:00〜15:00 藤吉さんからの報告
15:00〜15:40 リバティのLGBTコーナー見学(+休憩)
15:40〜16:30 ディスカッション「私ならこういう展示にしたい!」

■藤吉圭二さんプロフィール
ここ10年ほど、「人びとの共有財産としてのアーカイブズ、
ミュージアム」について調査研究を進行中。きっかけは勤務
先での高野山古地図のデジタル化。歴史的な文化財は「人び
との共有財産」という側面をもち、デジタル化、ネット公開
が歓迎される一方で、信仰の対象や貴重な「お宝」でもあっ
たりして、安易な公開が警戒される場合もあります。こうし
た「資料の共有」にまつわるさまざまな課題について調査中。
高野山大学教員(社会学)。全史料協近畿部会個人会員。


-------------------------------------------------
主催:リバティおおさかを応援する!プロジェクト
問合せ:liberty-ouen@freeml.com
http://blog.zaq.ne.jp/20120529r/
-------------------------------------------------