読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LGBTQ洋書読書会とか

元々は「リバティおおさかを応援する!」というブログでしたが、引っ越ししまして、最近ではLGBTQの洋書読書会やその他の情報を掲載しています。

ゲイ&レズビアンマナーズ読書会(6)訳3/3

P154 ■礼拝堂を選ぶ

宗教ごとに同性婚への公式のポリシーがあり、ゲイのパートナーシップを完全に受け入れていないどこかでの結婚式の計画を動き出す前に、当然いくらかの調査をすることが賢い。
もしまだ宗教的集会のメンバーでないならば特に、
忘れてはならないのは、宗教内で集会や宗派は変更するため、
だから、あなたの興味のある特定の礼拝堂について気を付けて調べよう。
北アメリカの大きな宗教宗派の中で同性婚に支援的なのは、米国聖公会、ユナイテッドチャーチ、キリスト連合教会、革新と再建者のユダヤ人運動だ。
連続体の最後の反対側は、ローマカトリック教会バプテスト教会、正統派のユダヤ教だ。
(よりLGBTフレンドリーな礼拝堂についての詳しい議論は下記のサイトへ。)

P154 ■外国での結婚式

たぶんあなたとパートナーにとって、カリブの砂浜で、あるいはグランドティトングランドティトン国立公園内で最も高い山)を背景に、あるいは前のダイアナ妃の祖先からの家であるオールソープハウスのようなとっぴな場所で、婚約することほど、ロマンチックなものはない。
多くのLGBTカップルはいわゆる外国での結婚式と呼ばれる結婚を決め、よく式と歓迎会とハネムーンを一つに合体させる。
そういった旅をするのと同様に、カップルとゲストにとって興奮するものになり、一緒にとても多くの豪華な時間を費やすことは、私たちの忙しい生活の中では、まれな喜びだ。
ハワイでの結婚式に最近参加した人は報告した、「結婚式と歓迎会に加えて、主催者はカヤック漕ぎとサイクリングの旅も催した。
私は私たちが大家族のように、拡大家族のように感じられた。」
結婚式のような計画についての興奮において、旅行費用のために、仕事を休めないために、誰が参加できないのかを考慮するのを忘れてはならない。
旅行に来ることができない人を含めるための一つの解決策は、家で二度目の歓迎会をすることだ。
はるばる式に来てくれる人には、あらかじめ旅費や滞在費のいくらかをこちらで負担するかどうかについてはっきりさせておこう。これは一般的とは言えないが、よい招待者であればある程度まとまった客室を割引料金で確保しておくだろう。
主催者は直接関係する、リハーサルディナー、歓迎会、翌日のブランチなどのような、結婚式のイベントのためだけに支払う。
ゲストは、カップルが提供したリストから選んだことさえ、その他の食事や活動には責任を持つ。
もし国外で結婚するなら、その場所がゲイフレンドリーか確かめよう。
ゲイであることは多くの国でまだ非合法で、明らかに他者にとっても不快だ。
また、友達や家族にパスポートが失効していたら、更新するための十分な時間を与えるようにし、必要な予防注射をしてもらおう。

P154 ■国内で

特にすでに一緒に暮らしているカップルにとって、自分の場所で結婚式や歓迎会をもつことは、LGBT結婚式のための他のよい代価がある。
アットホームの結婚式は自分の家でする必要はない。
おそらく、友達が田舎に家を持っているか、親戚が都会の二階の使用可能を申し出るだろう。
個人的な家で式をすることに決めたら、準備と企画のための十分な時間を許そう。
これは、庭の手入れや改良、照明の改装のためで、それは絵にかいたような見事な家にするために必要にちがいない。
家での結婚式に含まれることについてのその他の疑問を覚えておこう。

●人々を快適にするために家具の再編成が必要か、ダンスや、誓いのための自分たちの空間を作ることが許されるか?
●守るべき高価なものがあるか?バスルームから何らかの薬品を取り除く必要があるか?
●十分な数のレストルームがあるか?汚水システムは正常より高い流れに処理できるか?
もしそうでなければ、携帯用トイレを借りる必要がある。
●ゲストのために十分な座席とテーブルがあるか?
●立ち入り禁止の家の部分があるか?
●もし野外でのサービスや歓迎会のためにテントを使うつもりなら、天候が悪かった時に代わりになる場所が家にあるか?
●キッチンは食べ物を準備するために使われているか?もしそうなら、設備は十分か?
準備は儀式のどの部分も邪魔にならないか?
バーテンダーや給仕など外からの助けが必要か?
●リネン、食器、調理用具、ガラス食器などを借りる必要があるか?
●特別な準備を求められるペットがいるか?
●特に深夜のイベントについての知っておく必要のある騒音法令がないか?

誰かの家を結婚式のために「借りる」場合、式の後にはプロの清掃を準備し、ホストのためにその請求は引き受けよう。

P155 ■ハネムーンを計画する

大事なことは最初にやろう。
一般的にLGBTの結婚式または婚約儀式の後についてくるロマンチックな逃走は、誰が支払うのか?
あなただ。
結婚式の贈り物として受け取ったであろう現金や寄付金をハネムーンの登録に使うのはよい。
または、たぶんあなたはしばらくお金をハネムー基金のために蓄えている。
同性カップルに人気の新婚旅行先には、以下に触れるようなLGBTフレンドリーな場所がある。アルゼンチン、ブラジル、スペインもいい。
ここに忘れられない旅行の計画を助けるコツがいくつかある。

●夢見る(そして必要ならば妥協する)
ネムーンを計画する時、この夢の旅には何が必要かについて、恋人とおしゃべりすることからスタートしよう。
あなたが探しているのは、静かなところか、せわしない都市またはクラブシーンか?
ゆっくり過ごすことがどこへ行くかよりも大事か?
実際、それぐらいの休暇をとるか?
●現実的な予算を組む
ハワイに飛ぶお金を払えるか?代わりにケープコッドのビーチでの数晩はどうか?
航空運賃、食べ物、宿泊費などの基本とともに予算の工夫をはじめよう。
地方の乗り換え、カクテル、スナック、チップ、ツアーの価格、決めている休暇の活動などのその他の項目を含めるのを忘れないようにしよう。
●事前に計画する
高い季節に旅行を計画しているなら、できる限り前もって飛行機やホテルを予約するなど、早くから取り掛かるのは重要だ。
気を付けたいのは、結婚式のすぐ後のハネムーンがカップルにとっての伝統だが、何かをしなければならないというルールはない。
あなたが行ける時、納得した時に行こう。
例えば、ハリケーンの季節にはカリブ海を避けたいと思うかもしれないし、逆に安さを利用するために、オフシーズンにするかもしれない。
●LGBTフレンドリーな場所を選ぶ
ネムーンは当然、あなたが感じる全ての愛情の一般公開(Public Displays of
Affection)を表現したいと思う、ひとつの旅行なので、ニューオーリンズ、プロビンスタウン、パームスプリング、サウスビーチ、サンフランシスコ、バンクーバー、ノバスコティアのような北アメリカの場所は特にアピールできる。

P156 ■招待客のリスト

結婚式や婚約式の計画について最も興奮することは、あなたの喜び、公に支援される同性間の関係性、あなたについての大きな祭りを作ることを、共有するための目撃者として愛する人たちを招待することだ。
誰をこの大きなイベントに呼ぶか呼ばないかを決めることは、とてもたくさんの要素を考慮する必要があるので、頭をひねる経験だ。
彼らの中で主な人、あなた方それぞれが呼びたい人や、恩義があるなどで招待しなければならない人など、ゲストリストの構成となる。
また、あなたがどれぐらいのゲストが来るのを実際に支払えるかという、予算の限界にもよる。
最初の何人かのゲストを決めた後でも「招待客の増殖」と呼ばれていることに驚いてはいけない。
数週間後に、どちらかが言うだろう「私たちは、仕事の他の友達を招待する必要があるわ、彼女が仲間外れに感じるかもしれないし。」または「ジョシーとレイディアの子どもが来るから、ジェラードとフレッドにも子供を連れてこれると知らせなきゃ。」

P156 ■どこで始めるか

ゲストリストを集めて整理しはじめるためのいくつもの方法がある。
よく、カップルは彼らのリストを半分に分けることを好むが、それはそれぞれ50%の招待を得ることだ。
この方法はもしそれぞれが友達が親戚の人数がほぼ同じなら有効だが、もしあなたが6人の既婚のきょうだいをもっていたり、ゲイゲームスの水泳チームだったりしたら、出席者の問題となる。
しかし、もしすでに長い時間パートナー関係なら、あなた方は多くの友人を共有している可能性が高いので、リストを分ける必要は全くないかもしれない。
その他の一般的な方法は、あなた方が一緒にいわゆるAとBのリストを作ることだ。
それで、一旦招待状をAリストに発送し、「ご返信ください」をしはじめてから、Bリストからの人々に招待を拡大させることができる。
(これは、即座に返事をすることはゲストにとって重要だからだ。)
しかし、この方法はいくらかの注意が求められる。
Bリストの人たちをあまりに結婚日に近い日に招待してはいけない、彼らが一番重要な友達でないことをあなたは彼らに知られたくないためだ。
一番良い方法は、「要返信」期日の二週間以内に招待状を送るべきではない。
友達によって支えられている多くのLGBTカップルは、よく家族よりも先に招待する。
誰が招待されるべきかについての壊せないルールがない一方、あなたのリストの最も高いゲストの下記のグループを考慮しよう。
●最も近しい友達
当然親友を加え、あなたがカムアウトするのを助けてくれたり、あなた方の関係性にアドバイスをしてくれたり(セラピストや先生のように)、ほかの方法で支援してくれた人々などのように、その他の意味でもあなたにとって大事であることを忘れてはならない。
●最も近しい家族
これは、あなた方の関係性を支援してくれたりした、両親、子ども、きょうだい、祖父母と同じように、彼らの配偶者やちゃんとした関係のパートナーのことだ。
●司祭者
歓迎会に司祭者を招待することを忘れてはいけないし、彼や彼女の配偶者・パートナーも含む。

P157 ■異性愛者の話

「私は同性婚に反対だ。
ゲイのいとこの結婚式に出席するための招待状についてどうするべきだろうか?」

もしいとこがあなたの考え方に気づいているとしたら、結婚式にあなたを招待することによって、彼がそれでもなおあなたを近しく感じていることは大変明確だ。
私はよく家族の政治的切り札と言うが、だから私は、同性婚反対の旗を振ることなしに、彼の人生にとって大事なこのイベントにあなたが出席することを願う。
しかし、あなたは叫ぶことを止められないとか、それは偽善だと感じるなら、もちろん招待を辞退すべきだ。

P157 ■支援的でない家族を招待すること

あなたは自分たちをカップルとして支援しない、同性愛嫌悪を公表する、歓迎されない他の家族の出席についてどう思うか?
よいマナーとあなたの可能な限り幸せでストレスのない結婚式を作るための権利の間のどこに線を引くか?
これはいくらかのLGBTカップルが、結婚の計画をする時に直面するジレンマだ。
おそらく、あなたは他の家族とたくさんの関係性を持ってこなかった、あるいは、自分の性指向や性自認を理由に、あなたは実際いつも決まって避けてきた。
結婚は新しい始まりについてのことだから、最も難しい関係であっても、それらはしばしば平和を作るための機会だ。
あなたができる最も効果的なことのひとつは、お互いへの愛、自分たちがした婚約、あなた方の式の計画について、カップルで一緒に、いかなるな家族メンバーとも直接話すことだ。
なぜ結婚が大事なのか、彼らに説明する時間を持とう。
なぜならそれは家族を強くするとか、あなたはいつも愛する人たちの前で、自分たちの関係性を肯定されることを夢見ていたとか、様々な州や地方や地元の配偶者としての利益に適任となるから、など。
それから、どのようにあなたの会話が行われたかによるが、招待を拡大するか、決定をしよう。
最終的に、彼らの心にあなた方を支援する気持ちが見当たらないなら、あなたの人生にとってそのような重要な時間に彼らが出席しなければならない理由はどこにもない。
もしまあまあ(酷くなかったら)だったら、彼らを招待することによって優しくしすぎることで失敗する方が、しないよりましだ。
そのあとで、あなたの仕事はなされる。

P158 ■コラム「前妻を結婚式に呼びたい。」

「私のパートナー、ジェームズと私は婚約式を計画していて、思わぬ障害に当たった。
前の結婚で私にはふたりの十代の子どもがいて、私たちはその母親を結婚式に呼びたいと思っていた。
ジェームズはこのことを不快に思っていて、最近言った。
「新しい結婚式は前妻にはふさわしくないんじゃないかな。」彼は正しいだろうか?」

それは正しいとか間違っているとかの問題じゃなく、ジェームズが前妻とどのような関係を持っているによる。
もしジェームズと前妻がまだ平和なテーブルにつく方法を見つけていないなら、差し迫った結婚式は、友好関係樹立の類を始めるための場所ではない。
その代り、時には実際の式の前に、前妻、子ども、ジェームズの全体的な家族と祝うことについて検討しよう。
家で、または心地よいレストランでのファミリーディナーは、家族の人生の新しい章をはじめるとてもよい方法になる。
混合した家族の世界にようこそ。
最後に残る2つのやや矛盾した考えは、彼らの母親を招待することによって、ふたりの義理の子どもに誠意を示す義務がジェームスにはあるかもしれない。
その一方で、それは彼らの儀式ではないことを、そしてあなたはもはや母のパートナーではないことを、あなたは徐々に子どもに思い出させるかもしれない。

P158 ■元恋人と元配偶者

それが前の異性の配偶者であれ、以前のガールフレンド、ボーイフレンドであっても、あなたのパートナーが前の人と固い関係性を持っているのは、普通、健康な証拠だ。
しかし、あなた方の結婚式に元恋人を招くことは、慎重な問題となりうる。
もしあなたが元恋人といるパートナーだったら、現在の恋人はそのアイデアにワクワクしないだろうから、彼または彼女に率直に尋ねる努力をしよう。
もしそこに、招待の拡大について、圧力や心配や嫉妬に似たものがあったら、招待しない方がいい。
あるゲイ男性が説明した。「ジョンと私が結婚式を計画した時、彼は本当に元恋人を呼びたがっていた。
でも僕はその男性を信じていなかったし、僕たちの特別な日に防御を下すいかなる理由もなかった。」
それから、元恋人はあなたの他のゲストにとって潜在的な動揺がある。
(「元カノあえて来るか?!信じられない!」とか「彼女、まだ彼がいたらいいのと思ってるに違いないよ」などと囁かれるのを想像しよう。)
友だちや家族も、元恋人があまりに儀式の中心で前に出ていたら、彼らの喜びを表現することも多少ぎこちなくなるだろう。
なお、元恋人を招待する時の適切ないくつかの状況がある。
●新しいパートナーと元恋人が会ったことがあって、良好な関係を築いていて、固い関係性で、どちらの側にも危険や不安があらわれていない。
●あなたが元恋人とよい友達のままで、全ての関係性の問題は過去である。
●あなたと現在のパートナーは、元恋人の結婚式に招かれたり出席したりしていて、全てうまくいっている。
●元恋人はあなたの大きなゲイファミリーの一員で、つまり選択した家族である。
長い年月、あなたのために誰かはそこにずっと居たり、また逆も同様に。
多くの私たちは恋人から友達になる、家族でないとしても。
●元恋人との子どもがいたら、誰もが適度にうまくやっていくので、王道を進もう。
子どもたちは彼らの他の親の出席を感謝するだろうし、もし彼らが若ければベビーシッターを組み込むだろう。

元恋人が出席した時に、イベントでどのように彼女を紹介するかに特別注意を払おう。
あなたの以前の伴侶だったことや彼女の立ち位置に注意を引くのを避けよう。
「こちらは前妻のサマンサです。」と言う代わりに、たとえば「私のよい友達です。」と彼女のことを紹介できるかもしれない。

P159 ■大人だけの結婚式

大人だけの結婚式はいかがわしいイベントのように聞こえるが、それは単に子どもが出席しないというものだ。
この方法は、頭数を減らし、重要な友達を拒否することなしに費用を減らすための十分に公平な方法だ。
また、大人の親に子どもに気を取られることなしに彼ら自身で楽しむための機会を与え、歓迎会も、友達が幼い子供を寝かしつけるために早く帰る必要なしに遅くまでおこなうことができる。
ゲストにどのように事前にそれが大人だけの結婚式だと明確にするか?
シンプルだ。明確に、封筒の内側ではなく、招待状に子どもの名前を含めない。
あなたのゲストが基本的なエチケットを理解していることを信じよう。
もしそこに子どもの記載がなければ、彼らは招かれていない。
しかし「子どもなし」とか「大人だけ」と招待状には書いてはいけない。
積極的に人々を招待しないことはよろしくない。
予備として、近しい友達や家族にこれは大人だけの結婚式だと説明しよう。
この方法で、もしいくらかの親が子どもを連れてくることを尋ねたら、彼らは計画を知るだろう。
口コミはとても効果的だとわかるだろう。
最後に、自分のルールを壊してはいけない。
もし最終的にひとりのゲストに子どもを連れてくることを許したら、他のベビーシッターを雇ったゲストから当然困惑されるし、怒られることさえあるだろう。

P159 ■結婚式のウェブサイトを作る

ますます多くのゲイ、レズビアンカップル、特に若い人たちは、結婚式、歓迎会、贈り物の登録についての情報のやり取りのために、個人的なウェブサイトを作っている。
ウェブサイトはまた、写真を共有したり、地図や方向を提供したり、ゲストの出欠確認を簡単にしたりなどなど、優秀な手段だ。
ほとんどのこれらのサービスはまた、よい結婚式の助言を提供している。
(管理の仕組みが明快なので、もっともテクノロジー嫌悪のカップルでさえ、個人サイトを作れる。)
月額の手数料をホストに払う、高級なサイトは、制限されていないサポートや写真倉庫、個人のドメインページ、スペイン語のページ、BGMなどのような追加の利益を申し出る。
パートナーと結婚してシビル結婚式をイギリスでやった、あるアメリカ中西部の人が説明した。
彼らのサイトの利益は、「私たちは、ゲストは正式な服装または帽子をかぶるべきかに関する電話や手紙を浴びせられたために始めた。
とてもたくさんのロジスティックな詳細があったにもかかわらず、とてもシンプルなウェブサイトのデザインになった。
この道筋を行くと決めたら、ここにいくつか助言があるので覚えておこう。
●あなたの結婚式の形式を反映させたデザインのサイトに選ぼう。
テーマと共に色や文字もカスタマイズできる。
●全てのゲストにはオープンにしていないイベントを公にすることについて気を付けよう。
これらのいくつかのサービスでは、家族と結婚式の出席者のために、個人情報の段階の追加を可能にする、パスワードを設定した領域を作ることができる。
●あなたの贈り物の登録についての、いかなる必要な情報も含もう。
もし贈り物の代わりに寄付を奨励したかったら、お気に入りの非営利団体を強調したり、募金サイトへのリンクも提供できる。
●つながっていない家族や友達がいないかどうか(おばあちゃんはどうだろう)、また、どのようにそれらの人々を輪の中に留めるか検討しよう。

P160 ■誰が式に来るか

文字通り誰が幸せなカップルのために立つか、誰が見るために下に座るかを決めることは、最初は小さな細かいことのように思えるが、それは重要だ。
正確にあなたは誰にどのように式に参加してほしいか、注意深い検討をしよう。
あなたの最も重要な選択の一つは、司祭者と式への参加者を選ぶことだろう。そこにいる全ての人々は、特別な日にあなたを感情的に実際的に支援する人たちだ。
あなた方が自分たちの人生を共に固めるのを助けるために彼らも出席する。こうして(彼らは)この「契り」を結ぶあなた方を愛し、讃える「家族」の切り離せない一部となるのだ。

■司祭者を選ぶこと

あなたは、聖職者から船長、審判、部族の長まで結婚式で司会ができる人のたくさんの選択肢をもっているだろう。
もしあなたがよく知っている人に式をしてほしいなら、司祭者資格を得るために、友達または親戚さえ招待できる。
(ところで、正式な結婚をするときに限り、司祭者は資格が必要だ。)
これらの資格の基準は、同性婚が合法な州ではや、国と国はもちろん、カナダでは地方毎に大幅に異なるので、誰かが資格を得るその間に、前もって十分にあなたが式をする場所について知っておこう。
誰を選んだとしても、司祭者を決めて、その彼または彼女がその特別な日に来れるか確かめるまで、公然にあなたの式の日を確定してはいけない。
理想的には、司祭者はよい話し手で、あなたが結婚することについて受け入れていて、あなた方ふたりともに支援的で親しみがある人だ。
また加えて、誓いの言葉や進行の指示、あるいは単に決めるのが難しい重要な過程をガイドするために、提案できるほど司祭者経験が豊富な人であればさらによい。
(もし必要であれば、婚前カウンセリングも。)
もし宗教的な式をするつもりで、あなたの礼拝所からの司祭者を好むなら、その宗派と司祭者のどちらもが、どのようにLGBTフレンドリーかを決めるためにまずは下調べをしよう。
うまくいきそうであれば、どのような種類のサービスをあなたは考えているのか、特に彼または彼女がいつものように行ってきた同性結婚式と何か違うことを心に描いているかどうか、あなたの司祭者に説明しよう。
ところで、望むなら、あなたとパートナーは自分で司祭者になれる。
いわゆるセルフ結婚もいいアイデアだ。ふたりの誓いや共同して誓いの読み上げをすることに儀式の焦点をもってきたいのなら特にそうだ。
多くのLGBTカップルが、誰かに「結婚させられる」とは逆の、正確に解釈した結婚の考え方をお互いに好む。

P161 ■司祭者の義務と謝礼

司祭者は式のディレクターなので、最低限の範囲で、彼または彼女は確かなペースでそれを移動させ、ユダヤ教の部分、異教の部分、トランスジェンダーの花嫁好き日とが詩を朗読するなど、全体像に気を配る。
あなたがLGBT結婚を聖なるものとできる程度に十分幸運だったならば、州や地域の定める次のような事項についての基本的な質問にプロの司祭が答えてくれるだろうと(あなたは)期待してよい。
●血液のテストが必要か。
●どこで結婚証明を得るか。
●式にどのような文書を持っていく必要があるか。
●実際の式の日とあなたが証明書にサインした日の間に政府によって命じられた待期期間があるかどうか。

宗教的な司祭者はふつう、有利な点で何が必要とされかについても言うだろう。
教会やシナゴークで式を挙げるなら、司祭者は技術的にすでに支払われているが、100〜200ドルの贈り物は当然のことだ。
独立した司祭者はもっとかかる。実際はもう少しだ。
それ自体の謝礼はなしで参加してくれるよい友達がいたら、礼儀を示すために式の後か前にお礼の食事に連れて行こう、または、ふたりの額入りの写真や、思い出深いワインのような贈り物をするかだ。

P161 ■結婚パーティ

カップルのそばにいる人と司祭者は実際にあなたの結婚パーティにいるだろうか?
LGBTカップルの式はよく付添人の義務について、同様になんと彼らを呼ばれるかという伝統的な考え方から脱するが、基本的な考え方はそれらの友達や愛する人たちは、あなたが計画する式やそれを超えて、実体的な方法で支援するためにそこにいる。
手の込んだ式をしようとしていないカップルでさえ、彼らは様々な詳細を計画するために助けが必要だ。
たとえば、カップルシャワーと独身パーティなどだ。そして大きなその日自体でも積極的な支援が必要だ。
あなたの結婚式は、全て付添人に従ったものではないとしても、複数の人から成り立っているだろう。
花婿付添の既婚男性や花嫁付添の既婚女性、付添人や、花嫁の介添え人、花婿の介添え人、指輪を運ぶ人、フラワーガール、同様に、案内人、もちろん花嫁花婿の両親など。
これらの日に、花婿の介添え人が仲の良い女友達であることや、花嫁の介添え人(花嫁の付き添う人)が男や女だったりすることは驚くことではない。
LGBT結婚式では、役割やそれらが抱える各地位の性自認は、伝統的または慣例にとらわれないこともあなたの望みによる。

P161 ■花嫁、花婿の付き添人

LGBT結婚式の中で、付添人と介添え人の役割は、しばしば重なり、管理の将軍と言える。
例えば、あなたは二人の花婿についた二人の付添人、またはひとりの人と花婿介添え人を見たかもしれない。
これらの付添人は伝統的な言葉では呼ばれたり呼ばれなかったりするだろう。
同じように、ふたりの花嫁は、彼らの友情と必要性に合った、なんらかの形のものをもつかもしれない。
彼らの友達がなんと呼ばれたとしても、ここにはいつも彼らの責任ある仕事の一連がある。
(特に大きなまたは正式な結婚式で。)

●カップルシャワー、独身パーティを催する。
●招待状の手伝い。(住所下記やメール、出席可否の管理)
●結婚パーティでの他のメンバーの衣装をカップルと共に管理する。
●全体の結婚パーティのスケジュールを調整するこをと助ける。(付添人を空港に迎えに行く、パーティのメンバーにいつ彼らがどこにいる必要があるかなどを知らせる。)
●花婿、花嫁が結婚式のドレスを着るのを手伝う。
●花婿にボタンホールに刺す飾り花をつける。
●花嫁の衣装を合わせるのを手伝う。
●式の間、指輪をもっておく。
●結婚証明書や何らかの法的な書類のサインをするのを見届ける。
●結婚式関係の結婚式関係の勘定書が記録されたり、時間通りに届くか確かめる。
●結婚式の日で必要ななんらか助言をする。
●式で、カップルへの最初の乾杯を申し出る。
●式や歓迎会で発生するいかなる問題も対処する。
●どんな必要な感情的な支援にも耳をかたむけ、全体の過程を熟慮する。

P162 ■花嫁と花婿の介添え人

LGBT結婚式では、これらはよくシンプルに「名誉な付添人」と呼ばれ、カップルが選び、性別も混ざっている。
理想的には、よい判断力があり、人とのコミュニケーションの技術があることが知られている、責任感のある人を付添人に選ぼう。
結婚式に先立っておよびその当日に、気持ちの支えとなったり、やらなければならないかもしれないことのリストをつくったりするために、彼らはあなたのそばにいなければならない。
付添人の仕事の幅は広く、下記も含むだろう。
●案内人を演じること。
(いくつかの宗教では、案内人は花婿付き添人とは別だ。結婚パーティにさらに友達や親戚を含めることはまたよい方法だ。)
●アクセサリーの裁縫道具や化粧品など、非常事態キットを持ってく。
●式や朗読の申し出の間、カップルのそばに立つ。
●ブーケトスや待ち受ける列に参加する。
●退場のために車を飾り付ける。
●ゲストブックに記帳してもらう。
●式と歓迎会の間の乗継を手配する。

あなたが計画している結婚式の大きさにしたがって、付添人を何人にするか決めよう。
しかし、一番いいのは、40〜50人のゲスト毎に少なくとも二人の付添人をつけることだ。
または、あなたのしたい式がどれぐらい大きいか、または小さいかを基本にして決定する。

P162 ■指輪を持ってくる人とフラワーガール

伝統的には、少年がクッションに乗せた指輪をバージンロードを通って運ぶ。
それらは本当の指輪ではなく、本物は花婿と花嫁の付添人が保管していて、しかし偽物ののセットだ。
しかし、最近では運ぶ人は少女または付添人の傾向がある。またはある人は犬かもしれない、バーバーリーのスカーフに指輪を結んだり、皮の首輪にしゃれた黒い蝶型ネクタイに巻き付けたりして。
フラワーガールは、若い親戚がよくやって、花びらをまき散らしながら、あるいは単に花を運んで、花嫁や花婿をバージンロードで先導する。
多くのゲイカップルは、特に自分たちに子供がいる場合や、近い甥や姪がいる場合、式を数世代にわたるものにするために、子供を含むことを好む。

P163 ■両親

LGBT結婚式での両親の役割は多様で幅広く、娘を引き渡したり、もう一人は式の間中子のそばに立ったり、彼らと一緒に歩いたりだ。
しかし、さらにふつうは、特別なゲストとみなされる親に対しては、特別な役割や義務はない。
あなたは天蓋の下あるいは祭壇のちょうどあなたの横に彼らを配置することなしに、確かに彼らを認識できる。
礼拝所でも、天気の良い山腹でも、どの場所でも前側の席列に両親の座席を作ることは、尊敬を示すことだし、また、よい眺めを提供できる。
日にちを吟味し、両親を他の新しい友達に紹介しよう。
その日一日は、両親を誰でも新しい友人に紹介しよう。両親に感謝し彼らのために乾杯しよう。披露宴では彼らの席についてもらおう(彼らの希望次第で一緒の席につこう)。その席で誰か友人か家族のメンバーをその席で祝福したいか尋ねよう。
両親とカップルのどちらのメンバーも合意したら、伝統を守るまたはあなたの両親とダンスすることを検討しよう。

P163 ■金銭的な選択をする

結婚パーティの公式なメンバーの削減をする人を決めることは、難しい。
ジェンダー性的指向に関わらず、近しい友達または家族であっても、カップルとして近しい人のリストを作ることからはじめよう。
あなたがこの特別なグループの一部になりたい人について、注意深く考えよう。
覚えておいて、ここには、事を運ぶための明確な義務があり(責任のある人を選ぶ事を意味する)そこには時に重大なコストが含まれることがよくある。
(旅行、結婚の一式の買い物、シャワーの主催などの費用に注意しよう。)
もし省略して彼らが軽んじられるかもしれないことをあなたは考慮したいかもしれない。
招待状を拡大する前に、あなたの選択をパートナーや近しい家族と話し合うのはよい考えだ。
たとえばたぶん、パートナーはあなたが理解しているよりも大学の頃のルームメイトととても近しい関係であるなど。

●どのように誘うか
あなたが拡大する招待状は重要だ。また、それはある程度の堅苦しさを要求する。
電話で出席するであろう付添人に訴えるのはよいことだが、それを目的とした前刷りのカードがある。
しかしあなたはそうしても、なぜ彼女または彼に付添人になってくれるよう頼んだのかを説明する時間をつくろう。
例えば「高校の時にカムアウトしてからずっと私たちは友達でいてくれて、あなたは私のためにそこにいてくれた。」
解決した時だけ、誘うためにメールを使おう。
例えば、あなたはすでに結婚式のことを話していて、その人はそれに参加することが疑いがない場合。
●いつ誘うか
結婚式の事前に付添人を招待することを確かめよう。それが正式でない催しであっても。
(もし可能なら、招待状を出す前であっても、彼らを誘おう。)
いくらかの人々は、国外での結婚式やあなたの町に旅行で来なければならに場合は特に、
仕事を休む必要があるかもしれない。
また、もし特別な服装が含まれるなら(例えば、花嫁付添のドレスまたはタキシード)試着や採寸のために十分な時間があるように確かめよう。

P164 ■誰かがNOと言ったら

あなたが選んだ付添人から断られる理由はいくつかある。
その中で最も可能性が高いのが参加の費用だ。
一般的に付添人は彼らの交通費や服代を支払うため、若い人や働いていない人には合意を困難にしうる。
仕事の都合がつかないため、その他の人は「けっこうです」という必要がある。
当然、もし誰かが拒否しても、あなたのセクシュアリティや関係性に賛成していないからだと思ってはならない。
しかし、もしLGBTであるために断られたと感じられたら、あなたはその疑いを確かめたいと思うかもしれない。
このように言ってみよう、「私たちは、結婚式の一員としてあなたを迎えるのを本当に楽しみにしていたのに、来てもらえないとはがっかりした。
あなたの考えを変えるために私たちができる何かがありますか?」
こうした類の開かれた問い合わせは、「なんで来ないの?」とか「私たちがゲイだから?」などの対立を招くかもしれない質問よりも効果的だ。

P164 ■コラム「結婚式に呼ばなかったことで友達を傷つけてしまった。」

「私は古い友達を結婚式に呼ばなかったことで傷つけてしまったことを話します。
小さな式になるので、パートナーと私は、ほとんど家族のごく少数の付添人にすることを決めました。
今、その友達は結婚式にも来たくないということを、親友から聞いた。どうしたらいい?」

私ならものごとを明確にするためにすぐにその友達に連絡を取ることからはじめるだろう。
共通の友達を使ってコミュニケーションすることを忘れよう、またメールや手紙に頼らない、あなたは本当に電話して対話することが一度は必要だ。
しかし電話する前に、何が言いたいのかよく考えよう。そして電話に出たら(留守番電話使わないで、あなたが電話したことだけを言うのは例外)あなたたちが小さな式にしようと計画していること、出席者のほとんどが家族のメンバーになりそうだということを説明しよう。
これは彼女への気持ちのリトマス試験紙のテストではないと、彼女に理解させるために最善を尽くそう。
(同じような状況で疑問に思っている他の人に対しては、これは、あなたが誰かを決して好きにならないとか、他の友達を選んでいるとか、出席の義務のある人を信用していないとかいったことを告白するときでは断じてない。)
電話を終わる前に、あなたがどれだけ彼女の出席を望んでいるか、どれだけ友情に価値を置いているか、彼女に知らせよう。
それから、どのぐらいあなたが説得力があったか知るために出席可否の締め切りまで待とう。